家を売る際に必要な権利書について

マイホームの住宅など、家売る方法にはさまざまな書類などを揃えなければなりませんが、売却を不動産業者に依頼するのなら、揃えなければならない書類が何であるかは教えてくれます。そして、それを揃えることによって、不動産業者は家の売却に伴う正確な資料を作ったり、買い手を見つけるための魅力のある宣伝文句などを考えてくれるというわけです。ですから、家の売却を考えている方は、出来るだけ早く必要な書類を揃えて不動産業者に渡すことが重要です。また、告知事項などで後悔しないためにも、重要事項説明書などはなるべく正確に記入することが大切でしょう。
さて、家の買い手が決まったときには、それまで不動産業者に見せたり、渡したりしていた書類とはまた違ったさまざまな書類などが必要になりますが、その中に登記済権利証というものがあります。これがいわゆる略して権利証とか、権利書と呼ばれているものです。権利証は、不動産の売買によって所有権移転登記などがおこなわれたときに、その権利の保存や移転などの登記を証明するために、登記所から交付された登記済証のことです。これは、その不動産の所有者であることや、それを売る意思などを証明するための重要な書類ですが、紛失した場合でも再発行は受けられません。しかし、紛失してもその不動産の所有権が無くなるわけではないので、適切な手続きによって権利書の代わりの保証書を提出すれば、不動産を売却することは可能です。