市役所でお金を借りる権利のある人とは?

市役所でお金借りることができる制度を、生活福祉金制度といいます。社会福祉協議会というところが実地している制度で、生活困窮者の支援を目的として、低金利、もしくは連帯保証人がいるなどの条件をクリアすることができれば無利子でお金を融資してもらうことができます。
基本的には消費者金融などの金貸し業と同じなのですが、生活困窮者を支援するという制度の目的からもわかるとおり、一定の条件を満たしていれば市役所でお金を借りることは難しくありません。
どういった方が生活福祉制度を利用することができるのかというと、まず低所得者世帯が対象にあります。
生活保護を受けていても生活福祉制度と併用することも可能で、貸金業者からお金を借りることが難しかったり、市役所でお金を借りることによって、独自に生活していくことが可能だろうと判断された世帯になります。低所得者との判断は市町村民税が非課税が基準になることがあります。
次に高齢者世帯も対象になります。65歳以上の高齢者世帯であることが条件で、日常生活で病院にかかっていて療養が必要だと判断されたり、介護が必要だと判断された高齢者世帯が対象です。
それから障害者世帯も対象になります。身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳などの交付を受けていることが条件になります。
こういった生活困窮者を救済するのが生活福祉金制度の目的になっています。申し込みや問い合わせは、社会福祉協議会や地域の民生委員に相談してみましょう。